最新情報

人間力アップ通信_2022年04月号

(撮影場所:町田ぼたん園)
毎年4月後半に訪れる町田ぼたん園。
こちらは、今年撮影した「鎌田錦」という品種。

そして、こちらの赤白混じった絞り咲きの品種が「島錦」、ぼたん園で一番人気の花です。

半月ほどの間に、約330種類1700株のボタンが楽しめますが、少しずつ、開花時期が異なるので、
間隔を空けて3回くらい訪れないと全部を見ることが出来ません。

■町田薬師池公園|四季彩の杜

https://machida-shikisainomori.com/

お昼はお弁当を持参して園内で食べるのも良いですが、車で移動できる方にオススメしたいのが、
まき窯ピザのオールドヒッコリー。この時期だと、釜揚げシラスのピザが人気です。


■薪ピザの店・オールドヒッコリー

https://www.hickory.co.jp/shop/sakaigawa/sakaigawa_top.html

■【最近の出来事】 ~ 「久しぶりの充実感」 ~ 

昨年、一昨年と比べて仕事や勉強会を絞り込んでプライベートの時間を増やしたことにより、
ていねいな暮らしが出来て、久しぶりに、とても充実した日々を過ごせています。
具体的にどんなことが充実感の要因なのか、整理してみました。

★旅行に出かけて豊かな体験が出来たこと
「美の巨人たち」で紹介されて興味が湧いた修善寺温泉新井旅館に宿泊。
初日はベルナール・ビュフェ美術館、二日目は箱根芦ノ湖の海賊船と新鮮な場所を訪ねました。

★春の花を満喫できたこと
桜は、地元の公園など8ヶ所で楽しみ、昭和記念公園のチューリップ、町田ぼたん園、
小田原城の藤、カタクリの里と、近場を中心に2日に一度くらいの頻度で出かけました。

★春の味覚を十分に味わえたこと
ツクシ、ふきのとう、竹の子、そら豆、アスパラガス、サヨリ、ホタルイカ、生わかめ、
白エビ、金目鯛などの旬の食材を、従来の食べ方に加え、新作メニューで変化を付けながら
好みの日本酒と合わせて楽しんでいます。

こうしてみると、私は、「五感への刺激」と「新鮮さ」が、うまくミックスされた状態が、
一番充実感を得られるようなので、5月以降も、工夫して良い状態を継続しようと思います。

■【お勧めの書籍】
 ~ 生物はなぜ死ぬのか(小林武彦) ~ 

今回ご紹介するのは、生物学者小林武彦さんの「生物はなぜ死ぬのか」。
書店で見かけて、本の帯の言葉「最先端サイエンスの果てに見えたのは、現代人を救う
“新たな死生観”だった。」に心ひかれて購入しました。

特に印象に残った文章を引用してご紹介します。
「生物は、激しく変化する環境の中で存在し続けられる『もの』として、誕生し進化してきました。
 その生き残りの仕組みは『変化と選択』です。
 『死ぬ』ことで生物は誕生し、進化し、生き残ってくることが出来たのです。」

「子供の方が親よりも多様性に満ちており、生物界においてはより価値がある、つまり生き残る
 可能性が高い『優秀な』存在なのです。
 言い換えれば、親は死んで子供が生き残った方が、種を維持する戦略として正しく、生物は
 そのような多様性重視のコンセプトで生き抜いてきたのです。」

生物学的視点から死の意味を考えることにより、何を大切にして生きるかに意識を向けさせてくれる本です。

■今後のセミナー開催予定 

★日本コーチ協会神奈川チャプター(JCAK)主催★
会場に集まっての勉強会は、当分の間、開催しないことにいたします。
かわりにZOOMによるオンライン勉強会を月2回程度開催しますので、
ホームページまたはFacebookページでご確認ください。
なお、ZOOMの勉強会は、年会費支払い済の会員の方は無料、会員外の方も
初回は無料で参加できますので、ぜひお試し下さい。

◆JCAKサイト:http://jca-kanagawa.com/
◆Facebookページ:https://www.facebook.com/jca.kanagawa/

★日本ヒューマンスキル研究所主催★
人間力アップ読書会、人間力アップセミナーとも、開催希望をいただいてから
日程を調整させていただきますので、お気軽にお声かけください。

【日本ヒューマンスキル研究所 サービスのご案内】

 ◎エグゼクティブコーチング
 ◎ビジネスコーチング
 ◎オンラインファシリテーション
 など、随時受け付けております。詳しくはHPをご覧下さい。

 http://human-skill.org/
 

PAGE TOP